So-net無料ブログ作成
検索選択

2010年度JNC最終予選王禅寺ナイター大会 前編 [FO王禅寺]

と言うわけで、11月20日~21日にかけて、業界初(?)の夜通し釣り大会が行われました。


いつもは足がないので、このような大会に(時間的問題で)参加できない私ですが、夜からスタートってなら話は別です。


つーことで参加してみました。

ozenji000.jpg

この大会はその名の通り、NSTやキメラのneoSTYLE製のルアーのみ仕様で、20分×4回でどれだけ多くの魚をかけるかが勝負の肝でした。


もちろんタックルは、こんなですけどね。
ozenji001.jpg
笑い、とれたかなぁ…。


結果から行きますと、中の中ぐらい。

ozenji002.jpg

途中、何度もライントラブルに見舞われたのが悔やまれます。



慣れもあるのでしょうが、ちゃんとしたリリーサーを買おうと、本気で思ってしまいました。



それにしても、0.2号のラインって本当に良く飛ぶ。


これで値段が安ければなぁ…。



その後、縦釣りだけではさすがに物足りないので、オープンから3時間だけ、遊んできました。

その辺はまた今度アップします。

話題のとしまえんへ [豊島園FA]

先週の記事(11月3日)なんですけどね。

1時半からスタート。6時間券。

スタッフがフレンドリーで、非常に好感の持てる釣り場でした。




とりあえず前回教わってきた、ARELINESYSTEMとやらを試してみた。

…っぱねぇ。

なんだあの飛距離は…。

ライン一つで、こうも変わるもんかね。

ちょっと涙でそうになるほど嬉しい飛距離でした。



なんて伝えたらいいか…。

どんなに軽いルアーでも、ラインなしで飛んでいく感覚とでもいいましょうか。



とにかくすごいです。

さすが値段が高いラインだけあります。



バリバスさんのラインとは、今まで相性が非常に悪かったため、ライン買うときはためらいましたが、初めてラインで感動しましたよ。

これからはこのラインが欠かせません。



また、0.2号という太さが、果たしてオールドタックルで通用するか心配でしたが、糸噛みも一切無く、非常にスムーズでした。

一度これを使っちゃうと、もうユニチカのシルバースレッドアイキャッチPEには戻れません。

それほどにいいラインです。




とまぁ、ラインの話はこれぐらいにして、今日の釣果です。

一発目。

toshimaen000.jpg
手堅くスティックで40弱。

まぁまぁの滑り出しでしょうか。



そこからが続かない。

非常にシビアな釣りでした。



アタリはあるのに、乗らない。

乗せられない。



正直、アタリの数だけなら、王禅寺並みです。

ですが、それを乗せるのが難しい。


そして、スレるのも早く、同じルアーばかり使ってるとすぐ飽きられる。



基本的なカラーローテーションができてないと、厳しい釣り場でした。

初心者向け…ではないというのが本音です。



ですが、カラーローテーション等が決まれば、急に連チャンです。

toshimaen001.jpg
toshimaen003.jpg
ここいらへん、すべてリプライのGH1.0カラシカラーのみで釣ってます。

toshimaen002.jpg
ブラウンの稚魚も混ざりました(笑)。

toshimaen004.jpg




そしていよいよ、この釣り場の売りである「ミシガンエリア」に望みます。

時刻は4時。

いよいよチャンスタイムです。




が、そこは大物を選りすぐっているだけに、一筋縄ではいきません。

暗くなるまで、あらゆる手段で攻めてみましたがノーヒット。

かすりもしません。



暗くなってきて、グローカラーが威力を発揮し、ようやくゲットしました。

toshimaen005.jpg
ルアーはNST1.1g。

目の前でゆらゆらさせ…
toshimaen006.jpg
サイトで釣りました。




いよいよ暗くなってくると、手元のルアーが見えなくなり、釣りが成立しなくなってしまったので、仕方なく最初のナイヤガラエリアに移動。

ここでは、デスロールがアタリ。

カラーはココアやグレー系をローテーションしてポツポツとつり上げ、ゲーム終了でした。

最後は暗すぎて写真がうまく撮れなかったのでありませんが、まぁ、ぼちぼち楽しめました。




結論から言うと、初心者にはオススメしない釣り場でした。

ただ、釣り場としては近くて、それでいて飽きない程度に釣れる、すばらしいところともいえます。

エリアフィッシングの基本がきっちりできていれば、それなりに釣れると言うこともあり、レベルアップにはもってこいの釣り場といえるでしょう。

テクニカルな釣りが楽しみたい人にはお勧めです。


とはいえ、まだまだ新設の釣り場。

これからいろいろな方法(放流の仕方やサイズを含め)を試してくると思うので、行き続けてみる価値はありそうです。



最後に。

釣り始めたとき、私の隣にいたアングラーがものすごいかっこよかった。

『プロ』というより『ベテラン』というワードがかっちりくる、初老の方でした。


その方は基本、ハンドメイドっぽいミノーをサイドキャストでピシピシと気持ちよく決めていき、コンスタントに釣っていました

一匹釣るごとに、針を入念に研ぎ直している姿にしびれました。

やっぱ、ベテランは一番大事なことを知っている。



自分の釣りそっちのけで、目の端で追ってしまいました(笑)。

リールはカーディナル。

あぁ、やっぱりこの人は、ネイティブ河川でキャリアをつんだ方なんだなぁ。

だのに、ロッドが黒メチャ!!

ええぇ!?そこはオールドタックルでいきましょうよ!

…確かに、ミノーの操作はしやすそうでしたが…。


まぁでも、一投一投がとってもかっこよく、自分もああいう歳の取り方をしたいなぁなんて思いました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。