So-net無料ブログ作成

届きました! [タックル]

昨年、neoさんの『縦釣り講習会』の時に一度だけお会いしていたラボ氏のブログで、リリーサーの読者プレゼント企画がありました。


とりあえず…と思ってポチってみたら、見事当選!



到着しました~!!



ririsa00.JPG


これは、IOSと同じタイプのリリーサーですね。


ririsa01.JPG





しかもグリップは、



ririsa02.JPG




WOODY BELL!!



…って、マジモンのウッドプラグじゃないですか!!

これ、コストいくらかかってんだ…。

本当にプレゼントでもらっちゃって良いんだろうか…。



ちなみに、自分が今まで使ってたりリーサーは、小物釣りようの竿をぶった切って、ぶっといステンレスを曲げて作り、接続部分を漆で固めたモノです。

イメージは、へら用の針外しです。



プレゼントでもらったリリーサーは、それよりも小さく、小回りがききそうです。

夏の課題が増えました。

こいつの入魂を果たさねば!!



8月半ばには、バチプロJrもくるし、こりゃあ課題が増えちまいましたな(笑)。

TTCもリベンジしたいし。

TTC [TOKYOトラウトカントリー]

場所は、TOKYOトラウトカントリー(略してTTC)。



7月18日(日)。連休の中日に、職場の『釣り部(なぜか私が部長)』主催の第一回釣り大会がありました。



もちろん、釣り大会とはいえ初心者の集まり。

まずはキャストから丁寧に指導。

レンタルタックルなので、当然付いているリールは『スピニング』…。

ロッドは鱒レンジャーと、なんともお手軽タックルですこと…。



スピニングは…予想通りというか、トラブル続出でラインほどきにかけずり回りました。

ロッドの方は、あの柔らかさが逆にバイトをはじかず、良い感じでかかる。

何げにいいな、鱒レンジャー。

これにアンダースピンを付けてあげたかった…。



釣り場は日原川を直接使い、殆ど渓相を変えずに作られており、場所場所で手作りの橋や足場が作られているという感じ。

決して悪くはない。

むしろ、渓流ルアーの入門には、ドンぴしゃな場所といえる。

奥多摩駅からバスで20分かからない立地条件も素敵だ。

なにより自然環境が良く、癒される。



魚を釣るのは一筋縄ではいかないのは事実だが、それよりなにより、その『場所』がすばらしい。

今回の参加者は皆、口をそろえて

『また来たい!』

と言っていた。




今回の釣行では、『釣る』ことについて、非常に考えさせられてしまった。

同じ値段を払っているのだから、当然、釣れて欲しいわけだが。

参加者は釣れなくても満足していた。




自分の『釣り』に対する価値観が、変な方向に曲がっていきそうだったところを、ド初心者に軌道修正してもらったような気がする。




釣りには、こんな楽しみ方もあるんだった。




釣ってなんぼ、テクニック磨いてなんぼ…、じゃあなかったよね。




本当に、いい『釣り』ができました。




いろんな意味で『オススメ』な釣り場です。

ただし、エリアの知識はほぼ通用しませんので、ご注意を。

ルアーも3g以上のミノーやスプーン、スピナーといったものを中心にそろえていきましょう。

根掛かりも、普通に多いので、予備もしっかり持って行きましょう。

現地でも売っていますが、その辺はやっぱり準備した方が楽しいと思います。




今回のヒットルアーは、毎度おなじみGLOWINGさんの「トリオ」です。

やっぱり渓流にはスピナーが似合います。




あと、最近注目している、『ウグイングルアー』なるものも、流れの速い渓流で良い仕事をしました。

ウグイングルアーについては、また今度詳しくレビューしますね。

これは面白いスピナーです。

トリオとは違ったコンセプトなので、これはこれでおもしろい。

新ジャンルのルアーと言った感じです。




…あ、今回、私は殆ど釣れませんでしたので、画像は殆どありませんよ(笑)。

…くっそ、絶対にリベンジしてやる。

ZIPANG廃業! [ふぇいばりっとルアー]

とうとう、つぶれちゃいましたね。

バス釣り自体も下火になってしまったし、自分自身、ここ数年バスの顔を見ていませんでした。

当然、バスプラグを買う回数も減り、今では殆ど管釣り一本になってしまいました。



そんな時代の流れもあったんだと思います。

でも、釣れるルアーがもう無いというのは寂しいモノです。

せめて、また、あたらしい形で復活してくれればと切に願います…。



ただ、カシワギさんもいない、テルさんもいない、となれば、それは本当に「ZEAL」となるんでしょうか。

困ったモノです。




それと、このHPで散々持ち上げてきた『アライくんリール』の権利がどうなってしまうのか、非常に気になります。

正直、値段と外見をぬかせば、あそこまで考えられたスピンキャストリールは無いと言っても過言ではないと思います。

今後、どっかの会社が引き継ぎ、あの設計を基に新リールを世に送り出してくれることを祈ります。

はぁ~、今あるリールを大事に使わなきゃ…。

ただいま! [リール]

本日、こいつらが北海道から帰省しました。

IMGP0001.JPG
アライくんリールとシンクロアライくんリールです。

久しぶりに巻き巻きして、楽しみました。



そして、一緒に同封されていたのがコレ。


IMGP0002.JPG
GLOWING KE3.6G!

現地では大物キラーというKEが到着しました!

いやぁ~、テンション上がるわぁ。

フックに改良の余地がありそうとのことでしたので、いろいろと付けて試してみたいと思います。

場合によっては、餌用フックにアイを取り付けて…なんてのも考えてます。

が、その場合だと商品化するのは難しいだろうなぁ…。



なんにせよ、この夏の課題に挑戦したいと思います。

…あ、そういえば全然釣りに行ってないや…。

管釣りは、シーズンオフだし遠征する金もないし…。

まぁ、近所の入間川にでも行って、ウグイでも狙ってみますか…。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。