So-net無料ブログ作成
検索選択

ARKITECTイベント報告 [足柄CA]

足柄CAに行ってきました。


3月に行ったきりなので、本当に久しぶりです。


今回はかみさんを連れての釣りです。




しかもこの日はARKITECT主催の、釣りイベントも重なっており、楽しさ倍増な予感がしておりました。


あまりイベントにのめり込まないようにしつつ、の釣りは気の張りどころが難しいのですが、とりあえずかみさんがでかいのを釣り、色物もしとめてくれたのでほっと胸をなで下ろしました。
ashigara15.jpg
こちらがデスロールで釣ったヤマメ。

ashigara16.jpg
こちらがデカマス。長さはそれほどでもなかったのですが、体高がすごい。



さて、イベントの方ですが、貸し切りというわけではないので、イベント参加者と一般の釣り人も一緒こたに釣り場にいながらで始まりました。

挨拶をして、今日の流れを代表より説明をいただきました。

もちろん代表とはあの鬼才こと、首藤武蔵氏です。

まぁ、説明はいらないと思いますが、ARKITECT代表であり名作『デスロール』の作者でもあります。

そして、もしかしたらいるかな?と思っていたOZW氏も受付に!?

おひさしぶりです~という挨拶とともに、「珍」なるルアーを握らせてくれました。本当にいつもいつも済みません。

自分もオリジナルでなんか釣れちゃうルアーが作れればいいのですが…。修行してきます。

OZW氏はなんでも、今回は首藤氏のお手伝いで来たと言うことでした。

お疲れ様です~。




最初は早掛けミニ大会から始まりました。

ルールはその名の通り、早く釣った人から勝ち抜けです。

今回は10人までに商品が出るとのことでした。

そこで…やっちゃいました!1位抜け!!

本番には弱い方なのですが、今年は結構釣り運が高いのかも。

しかもデスロールで釣るって、話が出来すぎてます(笑)
ashigara14.jpg
画像のはZEAL大名店のオリカラ『ジョーズ』です。



次に大物大会があり、こちらでもなんと2位入賞です。

うれしすぎる。

どちらも上位5位まではARKITECTのルアーをプレゼントということだったので、NEWカマーな『D-ZONA』をゲット!

いつもの大古瀬さんに注文もしていたのですが、注文にない色を(というかここのアタリカラーを)とりあえずゲットしました。



大会の後は、ARKITECTルアーの釣り講座がありました。

作者直々に動かし方の伝授です。

とても参考になりました。

しかも、伝授の最中にも釣る。

さすが鬼才と呼ばれる方は違います。



この時に今度発売となる「デスロールスティック」という竿を試釣させてもらいました。

これが軽い!

特にいつもオールドタックルや安い竿しか使っていない、自分からしたらそれこそ小枝をふるってるかのごとく軽い。

そのうえ、軽いルアーもぴゅんぴゅん飛んでいき、感度も良好。

キャストもピシッと決まるし、楽しい竿でした。

しかも、付いていたゾーナで一投目からヒットさせちゃうし。

きちんと引き味も楽しめちゃいました。


この竿、注文でグリップ部分の金属のカラーを変えられるそうです。

4色ぐらいから選べると言っていたような気がします。

う~ん、ちょっと気になりますね~。


ただ、私としては値段が…。

やっぱり貧乏アングラーにとってはアンダー1万の竿が関の山か…。




さてさて、今回は自作のルアーを試し釣りする目的もありました。

私の愛してやまない『ブリムシ』のパクリです。

コンセプトは『フローティングで食わす』です。

長めのリップをつけて、ある程度潜らせてから、ムシのごとく浮かび上がらせて食わせようという魂胆。


だったのですが…浮かんでくるときよりも、普通に引いてきたときの方がバイトが多かったりorz

針の位置を両脇に変更させて他のが災いして、フッキングが悪いの何の。

ただし、この位置は浮かんでくるムシをくわえて来るマスには効くはずなので、必死に浮かばせて…

ashigara13.jpg
釣りました。

理想通りの釣れ方に、ホッと胸をなで下ろしました。

ただ、このルアー。恐ろしく面倒な作りになっているので、今回の反省をふまえた次作はだいぶ間が開きそうです。



それから、ARKITECT主催のイベントにもかかわらず、こんなの投げてみたり(笑)
ashigara17.jpg
まぁ、釣れちゃうルアーだから仕方ないよね。



とまぁ、そんなこんなで、久しぶりの足柄はしっかり楽しむことができました。

景色も良いし、引きも良い。もちろん魚の味も折り紙付きです。

本当に良い釣り場ですここ。

もうちっと交通の便が良いと助かるのだけれど…。







それから、今回は景品の提供や、個人的にルアーをくださった小磯氏には、本当にお礼を申し上げます。

足柄を去る際に「送っていきましょうか?」と気さくに声をかけてくださり、大雄山駅まで送っていただきました。

本当にありがとうございました。夫婦共々、とても助かりました。


また、ブリーズ当たりでスピンキャストな話題で盛り上がりましょう!
(明後日はレージイベントですね。今回は参加できませんが、ご武運をお祈りしています)




今回のタックルです。
ashigara18.jpg
ABU170iはこの日がデビュー戦でした。

そのうち、このレビュー記事も書きたいと思います。

とりあえず、『重い』ことを抜かせば、アリなリールだと思っています。

それからアンダースピンは、いつものタックルです。

ABU1044にプロックスのキャストメバル(笑)

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

508

ABU170iはどうでしたか?

ボクも釣具屋で手にしましたが、使用感はどんなかな?と・・
by 508 (2009-12-31 14:20) 

torajiro

170i良いですよ!

同価格帯のスピニングと比べちゃうと、重さやハンドルのだるさ、ギアのバランス等どうしても劣って感じてしまいますが、スピンキャストの利点「トラブルレス」は健在です。

ドラグも割とスムーズでしたし、よくできたリールだと思います。

ただ、冬場は持つ手が凍えますが(笑)。
by torajiro (2009-12-31 21:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。