So-net無料ブログ作成
検索選択

リールのメンテ [リール]

休日は時々、リールをいじってます。

アライくんリール(大)が開成で「ゴリゴリ」言い出したので、意を決して分解!

実は、オークションで購入したので、分解図が無いのです。
なので、写真を撮り撮り、ばらしていきます。

まず、カップを外し、ローターを外し、スプールを外し。
そしていよいよシーリングされている「ネジ」部分を開ける。

araidai00.jpg
araidai01.jpg
araidai02.jpg
うわっ汚ぇ。
ヘドロがたまってら。
前オーナーさん、かなりヘビーに使ってましたね。
…つーか、良くこんなんで頑張ってたな、オマエ。

araidai03.jpg
続いて、ハンドルをばらす。
ここで間違っちゃいけないのが順番。
しっかり写真に撮ります。
araidai06.jpg
ドラグワッシャーの向きも忘れずに。
円錐形になっているので、それを互い違いに組んでいる。
図で書くと

本体><><>スタードラグ

こんな感じ。
araidai04.jpg
これも写真に撮る。

araidai05.jpg
アンチリバース
こんな仕掛けになってたんだ。
意外とでかいね。

araidai07.jpg
そしていよいよ本体のネジを外す。
3本抜いたら、本体から機械部分を取り出す。


あぁ、忘れてた。
しっぽも分解しなきゃ。

で、分解したとたん、バネとんだ(泣)

幸い、本体内におさまったけど、なんじゃこりゃ!?
しっぽの部品だけで4っつもある。

おいおい、スピンキャストだぜ。
豪華すぎでしょ。
つーか、こだわりすぎ。
ギミックがすごいのは認めるが、シンプルイズベストという言葉は無いのか…。


とにかくこのしっぽだけで、もとの形に戻すのに、1h掛かりました。

araidai09.jpg
んで、今度は機械部分を掃除。
グリスが汚れてます。


綿棒に「パーツクリーナー」を吹きつけ、塗り塗り。
汚い部分を落としていき、グリスアップ。


私はZEBCOの純正グリスを使ってます。
某プロショップのにーちゃんが「これでいけるよ!」とオススメしてくれたので。


まだ残ってるし、無くなるまではこれで通したいと思ってます。


さてさて、後はばらした順に戻すだけ。


んで、完成。


おぉー、回転が良くなってる。
ちと、ドラグの音がこもってる感があるけど、巻きが良くなっているので良しとする。
おそらく、グリスの盛りすぎ。

そのうち、アタリが出てくるでしょ。


とまぁ、私のメンテはこんな程度です。

基本的に、汚れを落としてグリスアップ。

オイルは定期的に、マメに差す。

これで充分です。


ん~、やっぱスピンキャストはメンテが楽で良いわ。
一番めんどくさいアライくんリールですら、この程度でいけちゃう。

スピンキャスト万歳!
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 1

sakata

ブログ拝見いたしました。

僕のアライくんリールはクラッチをきっても糸がでません。
何かひっかかっているのか、キャップを緩めればスーっと出てくるのですが・・・


by sakata (2012-12-11 19:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。